丹沢山

26 12月 2016 11:57 #95 : 100meizan
鍋割山・塔ノ岳・丹沢山】【2016年12月17日~12月18日】
【CL】3109【SL】3101
【メンバー】2356.2568.2784.3137.3263.非会員(男性3名女性5名)
【コース】12/17 勝川7:00==大井松田IC==11:00寄…14:30雨山峠…15:30鍋山峠
…16:00鍋割山(鍋割山荘泊)
12/18山荘発6;00…7:00金冷やし…7:30.塔ノ岳…9:00丹沢山…10:3塔ノ岳
…鍋割山…13:00後沢乗越…16:30寄==20:00勝川


12/17 快晴。雪を頂いた富士山が凛と迫る。この雄姿を間近にしながらの山行。何という幸   
   せ。寄を定刻に出発し、雨山峠を目指す。登山道に雪が残り、凍結が心配だったが、無事鎖場を通過し、鍋割山頂に予定より1時間弱早いペースで到着。この小屋は鍋焼きうどんで有名であるが、寝床を確保するのが一苦労。真っ暗な屋根裏を天井に頭を数発ぶつけながら、リュツクを引きずりながら、進む。ヘルメット着用である。湿り気たっぷりの布団で、今夜の睡眠不足を心配したが、なんのその。食事の量と豊富な食材にびっくり。皆で、炬燵で美味しい鍋を囲み、思いっきり食べ、早めの忘年会を楽しんだ。

12/18 朝食時間の関係で7:20の出発。丹沢山まで往復6時間。早いペースで順調に進む。
   帰りの塔ノ岳は若い登山者で大賑わい。出発の遅れを取り戻すためか、後沢乗越を過ぎてからサブルートを決行し、後沢を下る。途中道迷いもあったが、メンバー8人の協力で乗り切った。非会員のSさんの岩場を渡る素早さは、『ただ者でない』観があった。
   約2時間半、沢を下り、漸く正規の道に出た。16:30、無事に寄の赤い橋に到着。8人に笑顔が戻る。さまざまな事を体験できた山行だった。(記3137)
添付ファイル:
ページ作成時間: 0.275 秒